平安時代の建物の特徴

平安時代の建物にはどのような特徴があったのでしょうか?

平安時代の建物にはどのような特徴があったのでしょうか?

平安時代の建物は奈良時代の重厚な造りとは異なり、「上品」かつ「繊細」なのが特徴です。

 

決して派手ではありませんが、寝殿造りに代表されるきらびやかな当時の建物は、貴族たちの優雅な生活を連想させるものです。

 

ここでは、平安時代の建物にはどのような特徴があったのかについて見ていきましょう。

 

スポンサーリンク

 

貴族達が住んでいた平安を代表する寝殿造り

当時の上流階級、いわゆる貴族が住んでいた屋敷は、寝殿造りと呼ばれる建築様式で建てられていました。

 

寝殿造りは歴史の教科書に必ずと言っていいほど登場する建築様式で、10円玉も描かれている平等院鳳凰堂も、寝殿造りの手法によって建てられています。

 

自然との調和を考慮して作られていた寝殿造りの屋敷には、20人から30人程度の貴族が住んでいたとされています。

 

屋敷内にはさまざまな樹木やため池があり、常に自然を感じることができるため、当時の貴族たちから好まれたようです。

 

また、寝殿造りはエリア毎に名称が異なります。

 

主人が住む家屋を「寝殿」、北に位置する家屋を「北対」、東に位置する家屋を「東対」、船遊ぶが出来る池に設置された家屋を「釣殿」などと呼びます。

 

釣殿では、バルコニーのような家屋から魚釣りや月見を楽しんでいたようです。

 

ここは、貴族たちの娯楽の場だったのではないかと考えられています。

 

すき間だらけ建物でとても寒かった?

平安時代の貴族たちが住んでいた寝殿造りよる建物は、各部屋に通じる長い廊下で囲われており、屏風やすだれで仕切られていました。

 

そのため現代の日本家屋のように完全な個室ではなく、雨風あるいは吹雪が吹けばそれが室内に入ってきてしまうような建物だったのです。

 

そのため、冬をしのぐのはとても大変だったとされています。

 

貴族達は絹を叩き、毛羽立たせから着込んでいたそうです。そして朝早くから火鉢に火を起こし、身体を暖めていました。

 

しかし、寝殿造りの建物は天井が高いため、温かい空気がどんどん上がってしまい、なかなか部屋は暖まらなかったそうです。

 

室内で火を起こすと一酸化炭素中毒が心配されますが、寝殿造りの建物は空気の循環が良いため、自然に換気されました。

 

冬はとにかく寒いので、人がいるほとんどの部屋で火が起こされていたようです。

 

スポンサーリンク

 

寺院と寝殿造りの深い関係

この時代の代表的建築物として紹介されるのが寺院です。

 

当時の寺院は「浄土信仰」の影響を受けているものが多く、多くの場合「阿弥陀堂」が造られていました。

 

庭園内には池などが造られ、「極楽浄土の宮殿」をイメージしていたと言われています。

 

こういった庭園のことを、「浄土式庭園」と呼びます。

 

代表的な建物として岩手県の毛越寺などが有名です。

 

また、平安時代の寺院を語る上で欠かせないのが、岩手県にある「中尊寺金色堂」です。

 

建物全体に金ぱくが貼られた派手な造りが特徴で、世界遺産にも登録されています。

 

まさに金で栄えた奥州藤原氏の力を象徴する寺院といえます。

 

平安時代の寺院としては最も豪華かつきらびやかな建物と言えるでしょう。

 

ちなみに、貴族たちが暮らした寝殿造りは、寺院の建築様式を参考にして考えられたと言われています。

 

屋敷内に樹木や池があり、自然との調和を第一に考えていたのも、寺院の影響を受けていたからです。

 

スポンサーリンク