平安時代の食事

平安時代の食事と料理方法はどんな感じだった?

平安時代の食事と料理方法はどんな感じだった?

平安時代の日本人がかつてどのような暮らしをしていたのかは、食事を通してある程度推察することができます。

 

現代の日本は飽食の時代とも言われ、伝統的な和食のみならず洋の東西を問うこと無く、世界各国のグルメを楽しむことができます。

 

繁華街に出れば、フレンチやイタリアン、中華にタイ料理とその日の気分に合わせて味わうことができるのです。

 

では、まだ世界とつながっていなかった平安時代は、どのような食文化があったのでしょうか。当時の食事に関する事情について書いてみましょう。

 

スポンサーリンク

 

やはりお米が主食だった?

現代においては麺やパンなど主食となる食材はさまざまありますが、日本人にとってお米は特別な存在です。

 

近代に入るまでは白米は最高のぜいたくと考えられていて、茶碗いっぱいのご飯にお漬物というのが庶民の楽しみでした。

 

平安時代においてはどうだったのでしょうか。和名類聚抄という文献をひも解くと、上流階級の食事では米を食べることが当たり前となっています。

 

当時はまだ農業技術がそれほど発達していませでしたの、お米の流通量は限られていましたが、それでも貴族ともなれば白米を口にするのが当然だったのでしょう。

 

庶民においては、麦類やアワ・キビなどの雑穀が基本で、腹持ちを良くするためにかゆ状にしてかさ増しをしていたことがわかっています。

 

また、麺類も平安時代に遣唐使によって伝来しました。

 

唐食と呼ばれるものの中には、麦を使った麺料理もあったのです。

 

ちなみに、現代日本人に人気の食事であるラーメンは江戸時代からで、平安時代に食べられていたのはうどんやそうめんに近い麺料理のようです。

 

主菜としていた食材とは?

食が欧米化して肉食進みつつある現代日本ですが、それでも寿司や刺し身といった魚食文化も根強く、比較的バラエティに富んだ食文化となっています。

 

平安時代における食事のメイン食材は、どのようなものだったのでしょうか。

 

当時から良く食べられていたものとしては、イワシやアユといった魚です。

 

日本は海と川に囲まれた地形をしていますので、平安時代も魚介類がメインの動物性タンパク源でした。

 

もちろん、当時の食事の中には肉類がなかったわけではありません。

 

ヤマドリやハトといった鳥類から、クマやアザラシ、イノシシといった獣類まで幅広く食べられていたようです。

 

ただ、どちらかというと平安人は農耕民および漁民が中心でしたので、やはり動物性タンパクとしては魚介類が中心であったことは間違いありません。

 

スポンサーリンク

 

当時の調理法はどんなもの?

洋の東西を問わずさまざまな食文化が楽しめる現代日本において、一流シェフともなれば世界各国の調理法を学んでいます。

 

真空調理法などのように新たな技法が生まれるなどもしていて、調理技術もどんどん進化しています。

 

平安時代における食事の調理法は、現代に比べればシンプルであることは否めません。

 

当時からすでに「庖丁」と呼ばれる料理人は存在していました。

 

ただ調理法としては蒸す・煮る・焼く程度しかなく、炒める・揚げるなどの現代では当たり前の調理法はなかったのです。

 

さらに、魚や肉に関しては、生食や簡単に焼く程度の調理方法で、とてもシンプルだったようです。

 

また、庶民の食事に関しては、実は料理という概念はほとんどありませんでした。

 

新鮮なものを食べる機会はほとんどなく、干物や漬物など保存のきくもので飢えをしのいでいたようです。

 

現代のように、料理をして食事を楽しむといった考えは、平安時代の庶民にはなかったと言えるでしょう。

 

スポンサーリンク

 

このエントリーをはてなブックマークに追加