平安時代の恋愛

平安時代の恋愛事情は現代とはこんなにも違っていた

平安時代の恋愛事情は現代とはこんなにも違っていた

時代や文化が違えば価値観も違うものです。

 

現代と平安時代では恋愛のあり方だってまったく違います。

 

現代の価値観からすると真逆のものに、当時は魅力を感じたりしています。

 

当時のイケメン・美人の条件や、恋愛の仕方とはどういうものだったのか見ていきましょう。

 

スポンサーリンク

 

当時のイケメン像について

現代的な価値観では、高身長でなおかつ甘いマスクで優しい人がイケメンとされています。

 

しかし美の感覚というのは時代によって大きく変化するものです。平安時代のイケメンにはどういった基準があったのでしょうか。

 

当時は色白で細面、さらに目鼻立ちがくっきりしている顔立ちが非常に女性から好かれていました。

 

さらにはマナーや常識に長じていて、教養に優れた人物は特に、雅男と呼ばれイケメンの条件として考えられていたようです。

 

まさに源氏物語の主人公などはそうした条件にぴったり当てはまるのでしょう。

 

イケメンだからこそ光源氏は、さまざまな女性とロマンチックな恋愛をすることができたわけです。

 

美人の基準は今と違う?

平安時代の女性たちは絵巻物を見る限りでは、細い目におちょぼ口でしもぶくれという状態で描かれています。

 

世界的に見ても、食糧の供給が十分でなかった時代にはどちらかというと、ふくよかな女性が好まれています。

 

平安時代も、現代と比べると決して食糧事情が恵まれていたわけではありませんので、そうした傾向があったのかも知れません。

 

また、外見的にはツヤがあってサラサラしている非常に長い黒髪が美人の絶対条件とされています。

 

家柄の良い娘などはわざわざカツラをつけてまで長髪を維持していたというくらいですから、美人の基準として優先順位が高かったことは間違いないでしょう。

 

また、外見だけでなく内面的な魅力も非常に重要視されていました。

 

男性社会であった平安時代の貴族の間では、自由恋愛もありましたが、最終的には有力な権力者と結ばれることが女性にとって最も重要な役目となっていました。

 

特に天皇の血筋を持つ男性との恋愛を親がもくろみ、読み書きを教えるなど教育に熱心になったようです。

 

もちろん外見も大切ではありますが、知的で礼儀を知る女性こそが平安時代にモテたと言えるでしょう。

 

スポンサーリンク

 

家柄も非常に重視されていた

平安時代のイケメン、美人像についてご説明しましたが、当時の恋愛では個人の魅力だけでなく家柄なども相当に重要視されていました。

 

男女ともに天皇家の血筋が入っていれば、それだけでかなりモテました。

 

位の高い役職についている男性貴族ならば、夜這いの成功率も高かったようです。

 

もちろん女性に関しても、父や祖父がそれなりに高い役職についていたり、格式ある家柄の出身であれば男性から引く手あまたのアプローチがありました。

 

平安時代の貴族というクローズドで特殊な社会においては、家柄の優劣は恋愛において大きなポイントとなっていたのです。

 

お互いの顔は見られなかった

これまで書いてきました通り、平安時代の恋愛では、家柄や内面を外見と同じかそれ以上に重要視する傾向にありました。

 

なぜそういった価値観を持つにいたったかというと、実は女性側の特別なしきたりにあったのです。

 

基本的に女性は親しい人以外の他人に顔を見せることはありませんでした。

 

話をする機会を得ても御簾越しでしか会話をすることができませんでしたので、外見に関してはそれこそシルエットくらいしかわかりようがなかったのです。

 

そうしたことから、恋愛は男性が気になる女性の情報をひたすら集めることからスタートするのが一般的でした。

 

家柄や教養などといった要素が自分好みでなければそこで諦めますし、タイプであると判明したならば夜這いをするべく準備を始めていくのです。

 

スポンサーリンク

 

このエントリーをはてなブックマークに追加