平安時代の貴族

平安時代の貴族たちはどのような暮らしをしていたのか?

平安時代の貴族たちはどのような暮らしをしていたのか?

平安時代は華やかな貴族文化が花開いた時代です。

 

源氏物語や枕草子などの文学からも、彼らの優雅な生活が想像できます。

 

ここでは、平安時代の貴族たちがどのような暮らしをしていたのかについて、さまざまな角度から見ていきましょう。

 

スポンサーリンク

 

そもそも貴族とはどういう人たち?

貴族とはその言葉通り、尊ばれるべき人たちということです。つまり一般庶民にくらべて位が高い人ということになります。

 

そもそも、貴族というのはいつごろから出てきたのでしょうか。

 

具体的な呼び名が登場するのは701年に制定された大宝律令からです。

 

五位までの官位のものたちを「貴」という言葉で読んだことから「貴族」という概念が誕生したと考えられています。

 

それまでは氏族や豪族、天皇家の親族といった身分の表し方をしていましたが、大宝律令以降は全てをひっくるめて貴族と言うようになったのです。

 

貴族という言葉や身分について知っていても、そう呼ばれるようになった背景まで理解している人は意外に少ないのではないでしょうか。

 

平安人が住んでいたお屋敷

平安人たちが暮らしていたお屋敷について見ていきましょう。

 

平安時代には遣唐使が廃止され、日本古来の美的感覚をもっと盛り上げようという気運が高まっていました。

 

そうした背景から、国風文化が興りそれは住居など建築物にも影響してきます。

 

貴族の中でも特に位の高いものたちは寝殿造りという特別な屋敷に住んでいました。

 

南向きの縁起や日当たりの良い好立地に寝殿を配置し、家長となる男性が主に暮らしていました。

 

東対、西対、北対と小振りな建物を行き来するために渡り廊下が敷かれ、月宮釣りをするための釣殿と呼ばれるものが設置されていました。

 

今でいうところのバルコニーにあたるものです。情緒あふれた庭を存分に楽しむことができる造りとなっています。

 

寝殿造りは現代においても文化遺産として多数残されていますので、興味のある方は直接現地に赴いてご覧になるといいでしょう。

 

スポンサーリンク

 

ゆったりとした生活を送っていた

平安時代の貴族というのは、いまでいうところの政治家や公務員にあたります。

 

仕事としてはお役所である宮中に勤務し、国政に関わることや事務的な雑務をしていました。

 

現代の政治家や公務員とは違って、当時の貴族たちはそれほど仕事熱心とは言えませんでした。

 

午前7時ごろに出勤をし、およそ4時間程度で終業となったようです。

 

そして自宅に戻ってお昼を食べて、ゆっくりと夕飯まで待ち、食べて眠くなったら寝てしまう…そんな生活を送っていたのです。

 

空いた時間こそ本気を出していた

優雅でまったりとした生活を送っていた平安貴族ですが、彼らにとっては仕事以外の自由時間こそが大切な部分だったと言えます。

 

現代でいうところのアフターファイブですね。

 

平安時代は貴族社会ですので、いかに成り上がっていくかが大切です。

 

教養を身につけて社交的であることが、ある意味一番大切なビジネススキルだったのです。

 

そのため、空いた時間には和歌を詠んだり、蹴鞠を蹴ったり、月見をしたりと、一見遊んでいるように見えて実は自分磨きをしていたわけです。

 

平安時代においては、アフターファイブの遊び的なものも仕事に近いものだったわけですね。

 

スポンサーリンク

 

このエントリーをはてなブックマークに追加