平安時代の結婚

平安時代の結婚はどのような形態だったのでしょうか?

平安時代の結婚はどのような形態だったのでしょうか?

現代における結婚は、一夫一婦制であり浮気はご法度です。

 

しかし平安時代においては一夫多妻制が一般的でした。

 

なんともうらやましと思う男性もいるでしょうが、実際には平安時代における結婚のどのようなしきたりになっていたのでしょうか。

 

ここでは、貴族社会における結婚のあり方についてみていきましょう。

 

スポンサーリンク

 

一夫多妻が当たり前だった時代

現代日本の結婚制度は一夫一婦が法的に定められています。妻が二人以上いると重婚とみなされてしまい違法となってしまうわけです。

 

しかし、平安時代においては一夫多妻であることが一般的でした。男性は妻を何人めとっても良しとされていたわけです。

 

それどころか、多くの女性を養うことができることこそが当時の社会ではステータスとなっていたのです。

 

とはいえ、正妻は一人だけしか持つことは許されていませんでした。それ以外の女性は、いわゆる「めかけ」という立場でした。

 

正妻として選ばれるには、容姿の美しさよりも、家柄や知性といった要素が重視されたようです。

 

たとえば、天皇家に近かったり官位が高くて権力を持っていたりする家柄の女性は、正妻として迎えられてそれなりの地位を得たわけです。

 

通い婚が当たり前

平安時代においては夫が妻の家におもむくという通い婚が主流でした。

 

正妻に関しては邸内に住むことを許されていましたが、めかけとされていた女性は基本的に自分の家から出ることはなかったのです。

 

彼女たちは同居が許されないばかりか、夫に会える日も占いによって決められたりしました。

 

現代では考えらない、平安時代ならではの結婚の形態と言えます。

 

スポンサーリンク

 

夜這いは男からのプロポーズ

「夜這い」という風習は、地方によっては近年まで残っていましたが、さすがに現在ではありえません。

 

しかし、平安時代の貴族社会では、それが当たり前の行為として存在していました。

 

当時の夜這いは、男性がただ単に女性の寝室に忍び込んで性行為をするというだけでなく、それ自体がプロポーズを意味していたのです。

 

具体的な方法としては、仲介人が間に立って男性からの手紙を渡されます。内容としては愛の想いが込められた文章や短歌などがしたためられていたようです。

 

それを読んだ女性が心打たれれば、仲介人によって今度は男性に手紙が送られるのです。

 

その後、占いによって出た吉日の夜に女性の部屋に忍び込み契(ちぎり)を結ぶことになります。

 

それが3日続くのですが、その間にどちらかが不満や不平を言うようであれば関係は終了となります。

 

逆に継続することができれば、3日目に「三日の餅」と呼ばれるものを食べて正式な結婚が成立することになるのです。

 

離婚についても法律で決まっていた

夜這いからたった3日というスピード婚という平安時代の結婚事情ですが、離婚も同じように安易に進められたのでしょうか。

 

当時は、七三不去なる法律が定められていました。これは離婚に関する法律で、7つの離婚許可条件と3つの不許可条件がまとめられたものです。

 

結婚はわりと簡単に行うことができましたが、離婚に際しては法に照らし合わせて判断しなくてはいけなかったのです。

 

夫が一方的に離婚を告げるのが一般的で、その逆の場合は認められませんでした。このことからも、貴族社会が男性主体のものであったことがうかがえるでしょう。

 

年齢的な問題点

平安時代には男性は15歳、女性は13歳から婚姻できることが法律で決まっていました。

 

しかし、それは中国の結婚制度をベースに考えられたものであり、平安中期以降は低年齢化が進みます。

 

特に女性は13歳どころか、10歳に満たない子供が大人に見そめられるというケースもあったようです。

 

現代とくらべると平均寿命が短かった平安時代であれば、それも致し方なかったのかも知れませんね。

 

スポンサーリンク

 

このエントリーをはてなブックマークに追加