平安時代の十二単

平安時代の十二単は本当に着物を12枚も着ていたのでしょうか?

平安時代の十二単は本当に着物を12枚も着ていたのでしょうか?

現在でもひな人形や神前結婚式などで女性の正装として着用されることがある十二単(じゅうにひとえ)。

 

元々は平安時代の儀礼用・正装として用いられていたものでした。

 

その名前の通り12枚も着物を重ね着したら、重くて歩くのも困難では?と誰しも疑問に思うことでしょう。ここでは、十二単の歴史などをひも解きながら詳しく解説していきます。

 

スポンサーリンク

 

正式名称は女房装束?

実は、平安時代には十二単なる言葉は存在していませんでした。当時は女房装束といったような呼ばれ方をしていたのです。

 

では、いつからそう呼ばれるようになったのでしょうか。

 

初めて女房装束が十二単という単語で書かれたのが源平盛衰記という軍記物語の中です。

 

入水を図ろうとする建礼門院の衣装について記述された部分で、そのように表現されたことが最初だといわれています。

 

現在においても俗称として十二単ということが多いですが、正式な名称としては「五衣唐衣裳」となります。

 

本当に12枚も着ている?

そもそも、十二単とはどのような装束のことを言うのでしょうか。

 

身に着けるものとしては五衣、打衣 表着、唐衣で、そこに裳をつけて長袴をはくことで完成します。

 

桧扇を持ち頭を結い上げて宝冠を乗せることで、より正式な十二単となるのです。

 

こうしてみると、十二という数字がついているにもかかわらず身に着けるものはそんな数になりません。ではこの数字はどこから来ているのでしょうか。

 

実は12というのは単純に多いということを表しているだけで、正確に12枚着ているからということではありません。

 

重ね着をすることで襟元や裾などのグラデーションを鮮やかにすることで、色彩が豊かであるという意味と、ゴロがいいことから12という数字が使われたのでしょう。

 

実際の枚数はまちまちだったようです。ちなみに、最高では16枚もの布を重ね合わせたという記録があります。

 

重さにして60キロですから、それを着るとなるとかなり重かったであろうことは容易に想像できるでしょう。

 

実際に、なかなか動くことができなかったとされています。人間一人を背負っているのと同じですから、当然ですね。

 

スポンサーリンク

 

当時の文化と服装の関係

十二単が生まれた背景には、平安時代の文化と大きな関係があります。

 

そもそも、奈良時代にはすでに日本の着物の原型とも言えるような衣服が存在していました。

 

そして十二単は平安時代の中頃に女房装束として完成されたものとなっていきました。

 

この間には文化的に大きな違いがあります。奈良時代から平安時代初期にかけては遣唐使の派遣も行われていたこともあり、文化的には中国のものを大きく取り込んでいました。

 

しかし、その後に遣唐使の廃止や日本独自の美意識や思想を見直そうという流れが生まれて、国風文化と呼ばれるものが成立していきます。

 

そうした過渡期に生まれた十二単は、中国の文化と日本的な美意識の掛け合わせによって新たに創造された服装と言えます。

 

豪華絢爛さは大陸の重ね着文化から、色合いの美しさや四季を取り入れたセンスは和のテイストが盛り込まれているということになります。

 

ちょっとした豆知識について

一般的な十二単の平均的な重さは、なんと20キロ近くあるといわれています。

 

また、実は十二単というのは一種類ではなく、いくつもの種類があります。

 

日本は四季が豊かな国ですから、春夏秋冬に合わせてそれぞれ専用のものを用意する必要があったからです。

 

儀礼用の正装となりますから、平安時代の女性たちは季節ごとに着られる十二単を持っていたということですね。

 

スポンサーリンク

 

このエントリーをはてなブックマークに追加