平安時代の風呂

平安時代の衛生状態とお風呂事情

平安時代の衛生状態とお風呂事情

入浴はストレス解消にもなりますし、血行が良くなることで健康への効果が高いものです。

 

現在「風呂」と言えば湯船につかる温浴(入浴)が一般的ですが、平安時代では少し形式が異なるようでした。

 

特に貴族はそもそも入浴自体をしなかったとも言われています。

 

今でこそ気軽に家風呂を使うことができ、気軽に楽しむことができますが、平安時代にはどうだったのでしょうか。

 

当時のお風呂事情について解説していきます。

 

スポンサーリンク

 

平安京は不衛生都市だった?

平安京は碁盤の目状に道路が敷き詰められ、建物も一定の基準によって建てられた計画的都市です。

 

非常に綿密な計算の元で都市計画が行われ、平安時代の技術や文化の粋を集めて作られたことは間違いありません。

 

しかし、衛生面に関しては前時代的と言えるものでした。特にトイレに関してはかなりおそまつなものだったようです。

 

すでに奈良時代において原始的な水洗トイレが存在していたにも関わらず、平安京にはそれがなかったのです。

 

そのため、ある路地には庶民の排泄物が集まってしまったり、華やかなイメージのある貴族ですらポータブルトイレにて用を足したりしていたのです。

 

平安京は衛生環境という観点においては、あまり良い時代ではなかったといえるでしょう。

 

庶民たちの風呂事情

そのような不衛生な都市に住む当時の庶民たちのお風呂事情ものぞいてみましょう。

 

現代は入浴といえばシャワーをあびたり、湯船につかるというのが一般的です。

 

しかし、平安時代においては大量のお湯をたくのも一苦労でしたから、基本的には蒸し風呂といったものが主流となっていました。

 

現代でいうところのサウナですが、これならば大量のお湯を使わなくてもたくさんの人が入ることができたので経済的かつ合理的だったのです。

 

蒸気風呂は村人なら誰でも利用することができ、これにより人々の衛生面が大きく改善されました。

 

庶民たちは蒸し風呂によって汗を流し、浮き出たあかを葉っぱなどを使って落としていたようです。

 

また、水をかけながして体を洗うという方法も、一部の庶民の間では行われていたようです。

 

ちなみに、貴族の屋敷内などにあった蒸気風呂は「風呂殿」と呼ばれました。

 

まずはお湯を沸かし、専用の密室内に湯気を入れ、蒸気が満ちてから入浴したそうです。

 

入浴中は尻の下に布を敷きますが、この布が「風呂敷」の語源となっていることで知られています。

 

入浴後は身体をお湯で流し、身体を手拭いで拭いていたとされます。蒸気浴はかの有名な「枕草子」にも登場しており、平安時代の人々に浸透していたことがうかがえます。

 

 

スポンサーリンク

 

貴族は体を洗わない?

一方、平安時代の文化の中心であった貴族たちはどうだったのでしょうか。

 

実は彼らはほとんどお風呂に入ることがなかったとされています。

 

その主な理由として、当時の貴族たちの生活のほとんどが占いによる吉兆によって決められていたからです。

 

基本的には、お風呂に関しても縁起が良いとされる日でなければ入らなかったのです。

 

もしも悪い日取りに入浴などしようものならば、洗った部分から悪霊や邪気が入ってしまい体調を崩したり命の危険性があると考えられていました。

 

また、庶民が行っていたような体に水をかけるといった行動も、基本的には神仏への祈りをささげるための清めとして以外は行われることがありませんでした。

 

お風呂にほとんど入ることがない貴族たちは、結果として非常に体臭が強く、不潔であったと言われています。

 

貴族は実は風呂嫌い?

今でこそ入浴が大好きな日本人ですが、平安時代の特に貴族には湯船につかるという習慣がなかったと言われています。

 

そのため貴族の身体周りはいつも「不衛生」だったと考えられており、特に女性はたくさんの着物を着込んでいるため、身体が垢まみれであり、白い粉(垢)が衣類に付着することもあったそうです。

 

ちなみに当時お香が文化として根付いていた背景には、不衛生からくる体臭をごまかす目的もあったのだとか。

 

ではなぜ貴族たちは入浴を嫌っていたのでしょうか?これは当時の占いによって吉兆を決める風習が関わっています。縁起が悪い日に入浴をし、垢を落とすことで「毛穴に邪気が入る」と考えが貴族の中にはあったのだそうです。

 

また、風呂に入らない貴族達が身体を洗う機会は「禊(みそぎ)」の際の水浴がメインでした。これは神仏へ祈りを捧げる際に行われるお清めの儀式のようなものなので、実際には入浴とは目的が違っていたようです。

 

 

髪の長い女性はどうしていたのか

お風呂に入る習慣がない貴族たちですが、髪の長い女性たちはどうしていたのでしょうか。

 

平安時代には、黒くツヤのある長髪こそが美人の条件とされていました。

 

お風呂に入らなければ、その自慢の黒髪も状態が悪くなってしまうことでしょう。

 

実は、彼女たちはヘアケアに関してはしっかりと行っていたことが資料から推察されています。

 

米のとぎ汁を使って髪全体をぬらした上でとかすと、色濃くツヤが出るために、貴族女性たちは好んで行っていたようです。

 

さらに、ヘアケア後には香木をたいて髪に香りをつけて楽しんでいたこともわかっています。

 

お風呂に入ることはほとんどありませんでしたが、美しさを保つことは忘れていなかったというわけですね。

 

スポンサーリンク

 

このエントリーをはてなブックマークに追加