平安時代の服装

平安時代の人々の服装はどのようなものだったのか?

平安時代の人々の服装はどのようなものだったのか?

平安時代の服装といえば、派手で華麗なイメージを持っている人も多いことでしょう。

 

実際のところ、普段から源氏物語絵巻に見られるような服装をしていたのでしょうか?

 

ここでは、平安時代の貴族や子供、庶民たちが日常生活において着こなしていた服装について考えてみたいと思います。

 

スポンサーリンク

 

日本独自の文化が花開く

平安時代の中期頃までは、奈良時代の文化を引き継いでいました。

 

奈良期は遣唐使の派遣などが盛んに行われた時代ですから、文化的にも唐のものが色濃く反映されています。

 

これが平安時代中期以降になると、大きく様相を変えてきます。

 

遣唐使が廃止され、大陸文化の影響が完全に分断されたことで、日本独自の文化が栄えるようになったのです。

 

歴史の教科書にも出てくる国風文化の興りが、ちょうどこの時期になるわけですね。

 

国風文化は、平安時代の生活におけるさまざまなものにその特徴が現れています。

 

服装に関しても日本独自に発展をとげ、染色や織物の技術向上にともなって多様性豊かな衣服が生まれていったのです。

 

男性の衣服について

平安時代は貴族社会でしたから、衣服も官位などの身分によって細かく定められていました。

 

たとえば文官の服装に関しては、文官束帯と呼ばれるものを身につけていました。

 

身分の高い男性ほど裾の長いものを身につけていて、参議以上の官職ともなれば太刀を身につけることも許されました。

 

武官に関しては三位以上は文官束帯、四位以下は武官束帯と呼ばれるものとなります。

 

武官の服装は色が黒く、比較的簡素なものとなります。そのため一目見ただけで四位以下の武官であることが識別できたとされます。

 

スポンサーリンク

 

女性の衣服について

平安時代の女性たちの服装としては、十二単が一般的でした。

 

現代でも結婚式などで着用する方もいるので、実際にその目で十二単を見たことがある人もいるでしょう。

 

正式には唐衣裳装束または女房装束と呼ばれます。

 

小袖、長袴、単、五衣、打衣、表衣、唐衣、裳、物具装束といったものを着込みます。

 

豪華絢爛な衣装であり、国風文化により衣服関連の技術が発展したことを十二単から感じることができるでしょう。

 

ちなみに、髪を結い上げて宝冠を頭に乗せるといった風習は、奈良時代からの名残となっています。

 

平安と奈良それぞれの文化が程よく融合しているという点でも特徴的と言えるのではないでしょうか。

 

子どもたちの衣服

貴族の子供が着る衣服に関しては、基本的に大人の子ども版と思って差し支えありません。

 

たとえば半尻と呼ばれるものは、男性貴族が狩りをするときに着こなした狩衣のような衣服となっています。

 

他にも水干や細長など、大人が着ていたものとほぼ同種と言えるものを子どもたちにも着せていたのです。

 

庶民たちの衣服

平安時代の庶民たちの生活は基本的に質素でした。

 

衣服に関しても、貴族に比べれば非常にお粗末で、直垂と呼ばれる上下の二部構成となっているものを着ていました。

 

これはとても動きやすい服装で、後に武家社会となった折、武士たちの普段着として好まれるようになりました。

 

ちなみに直垂の起源としては、古墳時代くらいではないかと推定されています。

 

古墳から出土したはにわが上半身とは別にズボンのようなものを着用していたことから、その存在が確認されているのです。

 

つまり、庶民に関しては平安時代の国風文化の影響をそれほど受けていないとも言えるわけですね。

 

スポンサーリンク

 

このエントリーをはてなブックマークに追加